UVカットクリームでも日焼けする?体の中から紫外線対策

紫外線対策
geralt / Pixabay
この記事は約6分で読めます。

 

夏になってくると紫外線が強くなると思っていませんか?

実は1年のうち、一番紫外線が強いのは5月と言われています。

そしてその前月である4月も、紫外線はかなり強くなっています。

今年は異常気候のせいか例年よりはるかに早く夏日の日が多くなっています。この日差しが、あなたの気がつかないところで、お肌に強力な紫外線が降り注いでいるということをお忘れなく・・・

これからの外出、ノーガードで出てると、日焼けをし、それにより、しみ、しわやたるみなど、お肌のトラブルにもつながってしまいます。

紫外線対策は、4月からきっちりやって、お肌へのダメージを最小限にしましょうね。

ということで、ここでは紫外線について、取り上げてみました。どうぞご参考に・・・

 

Couleur / Pixabay

 

スポンサーリンク

 

紫外線のメリットとデメリット

 

紫外線は、太陽から放出される光線の1つです。

紫外線と言うと、悪いイメージがつきまとっていますが、お肌に役立つ要素もあります。

たとえば、紫外線はビタミンDの合成を促進してくれまし、お肌の抗菌、殺菌作用もあります。これが紫外線のメリットになります。

逆にデメリットは、お肌の害になる側面も持ち合わせています。更には、お肌の害だけにとどまらず、白内障を引き起こすもとになったり、全身の免疫力を低下させたりします。

紫外線の種類は2種類・UVA波、UVB波

紫外線には、2種類あります。UVA波と、UVB波です。

このUVA波と、UVB波は、紫外線という言葉でひとくくりにされているんですが、その性質はかなり異なるので、それぞれの特徴をわかった上で対策を取るのが必要になります。

UVA波

UVA波は、長い波長の紫外線で、太陽から放出される95%が地表に届きます。年間通じて降り注ぎ、真皮の奥まで届いてしまいます。

UVA波を浴びると、数日後に「サンタン」と言われる状態になると言われています。

サンタンというのは、長い年月を経て、しわやたるみなど、肌老化を引き起こすものです。

つまり、UVA波とは、アンチエイジング的にダメージの大きい紫外線で、DNAを損傷させてしまう、発がんリスクのある紫外線でもあります。

UVB波

UVB波は、中間の波長の紫外線で、5%が地表に届きます。こちらは、夏に強くなるという特徴があり、表皮の最深部まで届きます。

UVB波を浴びると、「サンバーン」という状態になります。サンバーンというのは、日焼けの後に赤くなる状態です。海水浴に行くとよくこういう状態の人を多く見かけますよね。

 

Conmongt / Pixabay

 

UVカットクリームを塗っても日焼けするの???

 

しみやしわの原因となる肌の奥までダメージを与えてしまう、UVA波は、4月~8月がフル稼働時期ですから、紫外線ケアは4月から開始しないといけません。

そして、紫外線対策をするとなると、まず思いつくのがUVカットクリームでしょう。ドラッグストアでよく売られていますよね。

最近では、化粧下地とか、ファンデーションにもUVカット機能が入っているものがあるので、あえて「UVカットクリームケア」しなくても、自然とUVカット成分はお肌に塗布できています。化粧品も便利なってきました。

 

スポンサーリンク

 

UVカットクリームの使用量

もしも、出かける前などに、UVカットクリームを塗っているのに、シミができているのだとしたら、日焼け止めの塗り方が間違っていることも考えられます。

よくあるのが、使用量の間違いです。

「だいたいこれくらいなら」という目分量というか、感覚で塗ってしまうと、量を間違えてしまっているのかもしれません。

UVカットクリームなどのパッケージに、使用料の目安が書かれています。今一度、パッケージの量を確認してみてください。

 

UVカットクリームの塗り方

さらに塗り方も大事です!

UVカット化粧品は、ある程度の厚みがないと、期待されるUVカット効果を発揮できないと言われています。

最近は品質の改良もあり、伸びのいい日焼け止め化粧品が売られています。だから、薄く塗っても、全体に塗れてしまいます。

でも、伸ばしすぎてしまうと、かすれてしまうし、ムラになることもあります。

つまりうまくカットできる量を、まんべんなく塗れていない状態になっているおそれがあります。薄く伸ばすのではなく、しっかりムラなくつけることをおススメします。

ここで大事なことは、

 

汗やこすれがなくても、2時間程度経過すると、効果が薄れてしまいますから、定期的な塗り直しは必須です。

 

learning_art / Pixabay

 

体の中からの効果的な紫外線対策とは

 

紫外線の害で気になるのは、日焼けはもちろんですが、活性酸素を発生させて、しわやたるみも引き起こしてしまうということです。もちろんしみのもとにもなりますので要注意です!

 

体の中からの効果的な紫外線対策に活用したいのが「アスタキサンチン」です。

 

アスタキサンチンは、ベータカロチンと同じカロテノイドの一種で、アスタキサンチンの何がすごいかと言って、ビタミンCの6000倍の力を持つ抗酸化作用があることです。これこそが、紫外線のダメージから皮膚を守ってくれるんです。

 

しかし私たち人間の体内で「アスタキサンチン」の作ることはできません。そこでサプリメントなどを利用して摂取することになります。

ドラッグストアなどで売られているアスタキサンチンのサプリメントはピンからキリまであります。そこで、品質の高いアスタキサンチンを紹介しておきます。

「アスタリールACT」

「アスタリールACT」は、アスタキサンチンの開発研究と生産で世界ナンバーワンのアスタリール株式会社のから発売されているサプリメントです。

こちらのサイトでたくさん販売されていますよ。参考まで!!!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【2個セット】アスタリールACT2 60粒 約30日分×2個
価格:11660円(税込、送料無料) (2021/4/21時点)

楽天で購入

 

 

ちなみにこちらの会社で販売されている美容液がす。

「アスタリールACT」で内から…「アスタリズム」で外から…

これでバッチリ紫外線対策・・・という事ですネ。。。

 

silviarita / Pixabay

 

スポンサーリンク