南杏子

スポンサーリンク
いのちの停車場

「いのちの停車場」吉永小百合「どう死ぬかは、いかに生きるか」

「どう死ぬかは、いかに生きるか」吉永小百合インタビュー 「いのちの停車場」で初の医師役の挑んだ俳優・吉永小百合が映画公開を控えインタビュー に応じています。 「小学6年のとき学芸会に出て映画女優になりたいと思った」と明かす吉永小百合はこの映画、「いのちの停車場」は、彼女の出演映画122本目なる作品で、自身がぜひにと願って実現した初めての医師役に挑戦されたものです。 この映画の役柄は、専門用語が多く苦労したという指導的立場の救急医から在宅医に転身する役で、戸惑いながらも患者に寄り添う医師・咲和子を演じ、「新しい役への挑戦は俳優にとっては楽しみであり、この仕事の大きな魅力」と手応えを語っています。
スポンサーリンク