西郷真央女子高生プロの獲得賞金で欲しいものと“花の高3トリオ”に迫る!

スポーツ選手
stefanschenkon / Pixabay
スポンサーリンク

 

西郷真央選手が、生のままプロとしてツアーデビューを果たすことになりました。

西郷真央選手というと、ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの秘蔵っ子としてよく知られていますが、

今年からプロテストの受験年齢が引き下げられ、

西郷選手をはじめ3人の高校3年生“花の高3トリオ”は全員が合格しました。

 

花の高3トリオ”は

 

西郷真央(麗澤高3年)

 

山下美夢有(大阪桐蔭高3年)

 

笹生優花(代々木高3年)

 

今年度、LPGA(日本女子プロゴルフ協会)のプロテスト規定変更で、受験資格の年齢制限が引き下げられたことにより誕生したのが“花の高3トリオ”と呼ばれる女子高生3人。

学校の同級生たちが進学、就職と新たな道を歩み始める来春に、3人とも女子プロゴルファーとしての第一歩を踏み出す事になりました。

 

今年のQTを受験した“花の高3トリオ”女子高生プロ3人が、いずれも来季前半戦にフル出場できるラインとみられる35位以内を突破。レギュラーツアーの“内定”を勝ち取った。

 

◆QTファイナルステージ◆ 

QTとはクオリファイング・トーナメントの略で、来季のツアーの優先出場権を決める予選会。30位以内に入れば来季ツアー前半戦の出場が、ほぼ可能になる。昨年、渋野は4日間イーブンで40位。この成績により、19年開幕戦のダイキンオーキッド・レディースに出場できず第2戦からの出場となった。。。

 

西郷真央(麗澤高3年)プロフィールと賞金でほしい物とは?

profile

生年月日 2001/10/08
身長 158.5cm
体重
血液型 AB型
出身地 千葉県
学校 麗澤高等学校 3年
得意クラブ ショートアイアン
ゴルフ開始時の年齢 5歳
ゴルフを始めた動機 父に連れられて
ドライバー平均飛距離 240ヤード
ベストスコア 64(エリエール松山)
目標とする人物 不動裕理

 

「やっと終わりました(笑)。いくつ伸ばしても“絶対”はないので、気を緩めることができませんでした。でも風があるなかで(最終日)1アンダーで終えることができてよかった。今年のオフは昨年よりトレーニングを積んで、体を作りたい。来年は試合が毎週あるのでモチベーションがどれだけ保てるかが重要になりそうですね。(ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーの1期生)ジャンボさんにはスコアと順位を報告して、試合に向けて頑張りますと報告します」

 

彼女の師匠は言わずと知れたジャンボ尾崎さん!

師匠にプロテスト合格を報告に訪れた際、師匠からは「ビリで通ったのか」といじられたという。

しかしそれはジャンボさん特有の愛情で、実は、、、

「QTはいつだとか、いつも気にかけていただいています」とのことです。

ジャンボさんからパターのヘッドカバーを譲り受けていてそれは、彼女にとって大切なお守りだそうです。

近い将来、賞金で欲しいもをは何か?と問われると「トラックマン(弾道計測器)を買いたいです」

今一番欲しい物とは・・・「トラックマン」だったようで、頭の中はゴルフ一色の彼女でした!!!

 

山下美夢有(大阪桐蔭高3年)プロフィールと目標は賞金女王

profile

生年月日 2001/08/02
身長 150cm
体重
血液型 A型
出身地 大阪府
学校 大阪桐蔭高等学校 3年
得意クラブ パター
ゴルフを始めた時の年齢 5歳
ゴルフを始めた動機
ドライバー平均飛距離 230ヤード
ベストスコア 64(三木)
目標とする人 タイガー・ウッズ

 

「落ち着いてプレーできました。寒いのは苦手です(笑)。すごく緊張していましたけど、自分のゴルフをしようということをずっと意識しました。体が小さい(身長150cm)ので、他の人よりも体力が落ちる。ごはんをたくさん食べて、体を大きくしたいです。目標は58kgです(現在54kg)。来年は上位争いができるように頑張っていきたいです」

 

目標は賞金女王です!

山下美夢有女子高生プロは

「緊張はしたんですけど、4日間ともしっかり集中できました。目標は 賞金女王 です」と、、、

今後の目標と共に喜びを語っていました。

一夜明けた翌日には学校で平常通り授業を受けるという、一女学生でした。

 

笹生優花(代々木高3年)プロフィールと国籍

profile

所属 フィリピン
生年月日 2001/06/20
身長 166cm
体重
血液型 B型
出身地 フィリピン共和国
学校 代々木高等学校 3年
得意クラブ ドライバー
ゴルフを始めた時の年齢 8歳
ゴルフを始めた動機 父の影響
ドライバー平均飛距離 260ヤード
ベストスコア 64(CANLUBANG)

 

「タフな4日間で、最後まで簡単ではありませんでした。(米国でのプロ転向も視野に入れていたが)来年は日本でしっかりとやりたいです。リランキングも突破して、シードに入り、優勝も目指せるように。来年米ツアーを受けることは、今は考えていません。しっかりと日本で自分のベストを出して、最高のプレーをしたいです」

 

笹生優花女子高生プロは、日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれた、フィリピン出身の女子ゴルファーです。国籍は日本、フィリピン両国という事になります。

 

日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれ、両国の国籍を持つ(2019年現在)。父の影響で8歳からゴルフを始め、14歳で出場したフィリピン女子ツアーではプロを押しのけて優勝を遂げた。19年に初めて開催された第1回「オーガスタ女子アマ」で3位タイ。2020年から米ジョージア大に進学予定。

 

女子でも Xシャフト!ドライバー飛距離270ヤード

彼女のスイングがすごいと評判になっています。こちらの動画ご覧ください!

世界の注目株!笹生優花の飛距離を支えるトレーニングに密着

 

“花の高3トリオ” 女子プロゴルファーとしての活躍期待しています!

第二第三の渋野目指してガンバ!!!

 

Alexas_Fotos / Pixabay