お帰り“寅さん”NHKプレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』

ドラマ
Derks24 / Pixabay
スポンサーリンク

 

2020年1月5日より、BSプレミアムにて毎週日曜午後10時から放送される

 

NHKプレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』の試写会が行われました。

 

寅さんと言えば第一作から50年!

それを記念して、「男はつらいよ 50 お帰り 寅さん」がスクリーンに!!話題になっていますね。

また先日は同じNHKで、寅の子供時代の番組も放送され、まさに蘇った寅さん一色といった感があります。

 

待ちに待った「男はつらいよ」50作目!

もう新作は見ることはないと思っていた「男はつらいよ」

また会える“寅さん”に!

 

・・・私を含めた寅さんファンには懐かしく涙腺が緩くなりそうですね。

 

映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』予告映像

 

そして今度は、映画『男はつらいよ』の世界を現代の大阪に置き換えて、大阪弁の寅さんが・・・

もちろん、山田監督の原作脚本で寅さんが蘇ります。

 

落語家の桂雀々と女優の常盤貴子が2日、都内で行われたNHKプレミアムドラマ『贋作 男はつらいよ』試写会に登壇した。山田洋次監督、故・渥美清さん主演による映画『男はつらいよ』の世界を現代の大阪に置き換え、山田監督の原作脚本で“寅さん”が蘇る今作。と車寅次郎を大阪弁で演じた雀々は「なんせ国民がみんな知っている渥美さんの後。大阪弁であるにしても寅さんのイメージを崩してはいけない。でもキャラは立たなければといけない。ベースは寅さんでありながら自分らしさも出す葛藤はありまして。プレッシャーはすごくありました」と重圧を明かした。

 

見てください!この大阪の車寅次郎を!!どことなく渥美清さんに似てると思いませんか?

 

寅さん役に桂雀々、さくら役に常盤貴子

 

そもそも今回のいきさつは、桂雀々さんが落語会『桂はつらいよ』のチラシで寅さんに扮したのを山田監督が目にしたことが、今作の抜てきのきっかけになったんだそうです。

桂雀々さんは、

「モノマネする人はいっぱいいるけど、雰囲気を出せることだけで選ばれた。知名度も演技力の情報もない段階で名指しをいただき、不安と心配材料でクランクインしました」「なんせ初めての経験なので、まわりの共演者に支えられ、みなにご迷惑をかけ、ようやく乗り切った。必死で頑張った次第です」

撮影当時を振り返った雀々さんは、「一番支えられた」のは、寅さんの妹・さくらを演じた常盤貴子さんで、常盤さんは、

「なにがあってもお兄ちゃんの味方だと思ってクランクインしたので、雀々さんをなにがあっても守るって。NGが続いても構いません!って『むしろ良くなります』って」

サポート役を全うしたそうですよ。

 

一方、倍賞千恵子さん演じた人気キャラクターさくらを演じた常盤さんは、

「私も、なんて恐れ多いことをしてしまったんだ、と。倍賞さんのイメージがありますし、あまりにもかわいいので、そのさくらをというのもあるんですけど…」 「これだけの人気のある名作を、山田監督が贋作で作ってみようと思われたことがうれしく、それに乗りたいと思ってさくらを研究したいと。中に入って演じることで、よりわかることもある。だから『寅さん』は面白いと納得できて宝のような時間でした」

寅さん役の桂雀々さんと、さくら役の常盤貴子さんが、お互い助け合いながら作り上げたという

 

『贋作 男はつらいよ』!

 

『雀々の寅さん』がちょっとでもできたのではという気持ちです・・・と手応えを感じているようです!

 

この番組、来年1月5日より、BSプレミアムにて毎週日曜午後10時から放送されます。

 

 

geralt / Pixabay