沖縄県八重山地方「熱中症警戒アラート」熱中症予防を「黒球式熱中アラーム」で

暮らし
この記事は約4分で読めます。

今シーズン初になる「熱中症警戒アラート」が、沖縄県八重山地方に発令されました!

沖縄県の八重山地方では熱中症の危険性が極めて高い気象状況になることが予測されたため、熱中症警戒アラートが発表されました。外出はできるだけ控えて、昼夜を問わず、エアコン等を使用して部屋の温度を調整しましょう。熱中症予防のための行動をとってください。

 

スポンサーリンク

「熱中症警戒アラート」とは

 

熱中症警戒アラートは、熱中症を予防することを目的に、環境省と気象庁が共同で発表して、暑さへの「気づき」を呼びかけるための情報です。(去年は、先行して関東甲信地方だけを対象に実施しましたが、今年は、全国を対象として実施しています。)

熱中症警戒アラート発表時 とるべき行動は

①外出はできるだけ控え、暑さを避けましょう。・・・熱中症を予防するためには、暑さを避けることが、最も重要です。不要不急の外出は、できるだけ避けてください。屋内では昼夜を問わず、エアコンなどを使用して、部屋の温度を調整しましょう。

②屋外や、エアコンが設置されていない屋内での運動は、外での運動は、原則、中止や延期をしましょう。

③普段以上に、熱中症予防行動を実践しましょう。・・・のどが渇く前に、こまめに水分を補給したり、なるべく涼しい服装を心がけたりしてください。屋外で、人と十分な距離を確保できる場合は、適宜マスクをはずしましょう。

④熱中症のリスクが高い方に、声かけをしましょう。・・・高齢者や子ども、持病のある方、肥満の方、障害のある方などは、熱中症にかかりやすいため、「夜間でもエアコンを使う」「こまめな水分補給を心掛ける」など、周りの方が声をかけてください。

⑤暑さ指数(WBGT)を確認しましょう。・・・暑さ指数は、時間帯や場所によって、大きく異なります。環境省熱中症予防情報サイトなどで確認して、暑さ指数を行動の目安にしてください。

とのことでした。そこで、うまい具合に、熱中症防止の対処法に、あの体重計等々計測器の大手メーカーであり、タニタ社員食堂と外食事業で知られる「タニタ」より、熱中症と日焼け対策が1台で可能なタニタ「黒球式熱中アラーム」が新発売になりました。「熱中症警戒アラート」と共に紹介していきます。

こちらのサイトにも詳しい情報が。。。

 

黒球式熱中アラームとは

 

タニタは、熱中症対策と日焼け対策を1台で行える黒球式熱中アラーム「TC-210」日焼けアラーム機能付きを2021年5月7日(金)に発売した。価格は5,500円(税込)。

熱中症対策においては、熱中症の注意レベルを把握することが効果的だという。そこで同商品では、屋内外を問わずリアルタイムで熱中症の危険度を示す指標である「暑さ指数(WBGT)」を計測・表示することができる。

加えて、タニタの熱中症指数計は各種発売されていますが、熱中症指数計からは初めての、日焼けアラーム機能を搭載しているのです。

このポイントは、「タニタ」独自のアルゴリズムにより、黒球温度と乾球温度の差によって紫外線量を推測し、日焼けが始まる時、つまり、素肌がUVが影響を及ぼして赤く変わる寸前に至る迄の時間をカウントダウンしてお知らせするスグレモのです。

太陽光に含まれる紫外線は日焼けがもたらされる原因にもなるが、身体の中でビタミンDを生み出すことから適量を浴びることも欠かすことができないとされている。この日焼けアラーム機能により、日焼けまでの時間の目安を知ることができることによって、適切な日焼け対策が可能なようです。

 

「黒球式熱中アラーム」は日射や輻射熱も測定

 

黒球式熱中アラームは、黒球式を採用し、炎天下でも正確なWBGT値の測定が可能で、熱中症発症にかかわる要因となる日射や輻射熱も測定します。

したがって、屋内外問わず炎天下でも測定でき、熱中症の対策が可能です。もちろん直射日光の下で使用可能となっています。

 

屋外・炎天下等で活動している方に、子どもや高齢者のいるご家庭に、スポーツの指導者や管理者に・・・おススメの1台です!

 

熱中症予防の1番は、こまめな水分補給です。日焼け予防に繋がる紫外線ケアは、帽子や日傘、スプレータイプの日焼け止め、薄手のカーディガンなどを利用して、熱中症予防に日焼け予防に心がけを・・・