2019新語・流行語大賞ノミネート30語!あなたならどれ選ぶ?

今、旬ニュース
StockSnap / Pixabay
スポンサーリンク

11月6日、今年最も話題となった言葉を選ぶ

『現代用語の基礎知識選 2019ユーキャン新語・流行語大賞』

ノミネート30語が発表されましたよ。

 

今年を簡単に振り返ってみると、天皇即位!令和元年、

ラグビーW杯日本大会などで大いに盛り上がった年でした。

 

反面、自然災害が猛威を振るい、高齢者の運転問題や、

あおり運転が社会現象を引き起こした年でもありました。

 

しかし、ノミネートされた新語・流行語を見てみると、

今年の良いイメージの言葉が多く含まれているようです。

中でも、日本が初の8強入りを遂げ、日本列島が大いに沸いたラグビーW杯日本大会!

このラグビー関連から、5候補ノミネートされています。

 

スポンサーリンク

「ラグビーW杯日本大会」関連、新語・流行語大賞ノミネート5候補

 

チームのスローガン「ONE TEAM(ワンチーム)」、

姫野和樹選手が得意とした技「ジャッカル」、

稲垣啓太選手「笑わない男」、

日本公式キャッチコピー「4年に一度じゃない。一生に一度だ。」

「にわかファン」

 

『新語・流行語大賞』ノミネート30語・今年の傾向は?

 

2019年ノミネートされた用語も「明」「暗」がはっきりした年だったようです。

「明」の話題と言えば一番に挙げられるのが、初出場で初優勝の快挙!

日本人では、42年ぶりに全英女子オープンを制した渋野日向子選手の、スマイリングシンデレラ。

加えて、特に注目を集めた所はラグビーワールドカップに関する用語の数々です。

今や最も耳にする、いや誰もが口にする言葉が「ONE TEAM(ワンチーム)」でしょう。

この言葉だけじゃなく多くのラグビー関連の言葉が人々に明るい話題として受け入れられました。

 

逆に、「暗」では、自然災害、台風関連の用語がマスコミを賑わしました。

例年賑わすネット発の用語は、SNSなどが日常的となり、新語・流行語の観点から見ると落ち着いてきたようです。

 

エンターテインメントからのノミネートは、

 

「あな番(あなたの番です)」・・・秋元康氏企画の日本テレビ系テレビドラマで話題。

「ドラクエウォーク」・・・スマホ向け位置情報ゲーム『ドラゴンクエストウォーク』

「翔んで埼玉」・・・特定地域をディスる(馬鹿にする)映画が受け入れられる。

「パプリカ」・・・米津玄師が作詞・作曲・プロデュース。・・・等がノミネートされる。

 

2019ユーキャン新語・流行語大賞・選考委員紹介

 

同賞は1984年にスタートし、毎年12月上旬に発表。「現代用語の基礎知識」(自由国民社)の収録語を中心に編集部などで候補語を選出。その中から選考委員会がトップテンと年間大賞を選出する。発表は12月2日を予定している。

2019ユーキャン新語・流行語大賞選考委員の面々は、

姜尚中氏(東京大学名誉教授)、金田一秀穂氏(杏林大学教授)、
辛酸なめ子氏(漫画家・コラムニスト )、俵万智氏(歌人)、室井滋氏(女優・エッセイスト)、
やくみつる氏(漫画家)(50音順)
大塚陽子氏(『現代用語の基礎知識』編集長)。

ノミネートされた30語の中から『2019ユーキャン新語・流行語大賞』トップテンならびに、年間大賞を、12月2日に発表、表彰式は都内ホテルにて開催されます。

 

流行語 2019年ノミネート語の一覧(50音順)

1.あな番(あなたの番です)
2.命を守る行動を
3.おむすびころりんクレーター
4.キャッシュレス/ポイント還元
5.#KuToo
6.計画運休
7.軽減税率
8.後悔などあろうはずがありません
9.サブスク(サブスクリプション)
10.ジャッカル
11.上級国民
12.スマイリングシンデレラ/しぶこ
13.タピる
14.ドラクエウォーク
15.翔んで埼玉
16.肉肉しい
17.にわかファン
18.パプリカ
19.ハンディファン(携帯扇風機)
20.ポエム/セクシー発言
21.ホワイト国
22.MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)
23.◯◯ペイ
24.免許返納
25.闇営業
26.4年に一度じゃない。一生に一度だ。
27.令和
28.れいわ新選組/れいわ旋風
29.笑わない男
30.ONE TEAM(ワンチーム)

あなたが選びたいのは???いっぱいあって迷いますね。。。参考までに。。。

 

Free-Photos / Pixabay